Techvifyは、最高品質のテクノロジー、ビジネス、イノベーションまた他色々をお届けます。

ニュース・ブログ

19 July, 2024

ベトナムオフショア開発のトップ5社をご紹介

今日のグローバル経済において、オフショア開発はコストを最適化し、専門的な技術力を活用するための戦略的な選択肢となっています。中でも、ベトナムはコストパフォーマンスの高さ、技術力のある人材、そして日本市場との文化的親和性を兼ね備えた重要なオフショア開発の目的地として浮上しています。本記事では、ベトナムオフショア開発の実情、その選ぶべき理由、およびベトナムでトップ5のおすすめオフショア開発会社について詳しく探ります。 1, ベトナムオフショア開発の実情 ベトナムオフショア開発の状況を理解する前に、オフショア開発とは何か、そして資源が不足している企業をどのように支援しているかを説明しましょう。 1.1: オフショア開発とは? オフショア開発とは、ソフトウェアやシステム開発業務を海外の企業や現地の子会社にアウトソーシングする方法です。この用語は「海岸の外」を意味する英語の「Offshore」に由来しており、ビジネス用語では「海外」や「外国」を指すものとして理解されます。 この方法は、通常、労働コストが低く技術力が高い他国に業務をアウトソーシングすることで、自国の高コストや人材不足を補うために用いられます。そのため、オフショア開発はコスト効率と専門的な開発チームの両方のメリットを享受することができます。 1.2: ベトナムオフショア開発の実情 現在のベトナムは、日本からの発注企業に様々な利益を提供することができます。その一つは、労働コストの削減でありながら、高い技術スキルを維持することです。言い換えれば、ベトナムはソフトウェアエンジニアの質と量の両方にますます投資しています。 開発力 2024年現在、ベトナムはIT教育を国家政策として重視しており、多くの若いエンジニアが市場に参入しています。 開発言語に関しては、ベトナムはGolangやLaravelなどのモダンな言語を多く抱えています。そのため、最新の機能やアプリケーションのリソースが豊富にあります。 さらに、過去数年間で、AI、IoTシステム、クラウドコンピューティングなどの先端技術を持つ開発者の数が世界的に増加しています。このトレンドに従い、ベトナムオフショア開発会社はこれらの新興技術を学ぶためにエンジニアを育成し、グローバルクライアントの新たなニーズに応えています。 言語力 ベトナムの第二公用語は英語であり、エンジニアの大多数が英語の会話能力を持つことが求められます。日本語についても、この数年間で話せるエンジニアの数が増加しています。多くの技術会社は、ベトナムと日本で従業員向けに日本語学校を開設し、日本のクライアントとのスムーズなコミュニケーションを確保しています。 また、一部の企業は、日本のクライアントとベトナムチームをつなぐ橋渡し役を雇用しています。この人物は日本語とベトナム語の両方に堪能で、一定の技術スキルも持ち、2つの側の間で働くことができます。この役職はブリッジSE、またはITコミュニケーターと呼ばれ、ベトナムでますます普及しています。 人月単価が上昇している 2023年以降、ベトナムのエンジニアの月額賃金は上昇傾向にあります。これらの数値は年次ベースで計算されています。それにもかかわらず、ベトナムのシステム開発エンジニアの労働コストは他の東南アジア諸国と比較して依然として低い水準にあります。 出典:【2023年最新版】ベトナムオフショア開発の人月単価相場 ※()内は前年比 2, ベトナムをオフショア開発の選ぶべき理由 2.1: 勉強熱心で日本が得意な国民性 ベトナム人は勤勉な性格と仕事に対する献身で知られています。この献身は、日本文化や日本語に対する強い関心と習熟にも及んでおり、日本企業との仕事に特に適しています。さらに、多くのベトナム市民が日本文化を普及させており、両国間でのコミュニケーションやアイデアの交換がより容易になっています。 この文化的な親和性により、よりスムーズなコミュニケーションとより良い理解が可能となり、より効果的な協力関係が築かれます。 2.2: 東南アジアの中でも料金が安い ベトナムは、東南アジア諸国の中でも最もリーズナブルな価格を提供しており、それにより雇用企業のコストを削減しながらも、他国と比較して高いレベルの専門知識を確保できます。企業は運営コストを大幅に削減しながらも、トップクラスの技術ソリューションを受け取ることができます。この財政的なメリットは、質を犠牲にすることなく予算を最適化したいと考える企業にとって決定的な要因となります。 オフショア開発の調査によると、ベトナムの一人当たりの月額賃金は上昇傾向にありますが、依然として他の職業全体で労働コストが低い国の中にあります。この数値は一般的なスケールで計算されているため、実際のケースではより大きなばらつきがあることに注意が必要です。 詳しくはこちら: ラボ型開発とは?メリットとデメリット、ラボ型開発に適した条件 2.3: IT人材が豊富 ベトナムには、高い技術力と革新的な思考を持つIT専門家が豊富に存在します。同国は教育と技術に多大な投資を行い、テクノロジー業界に貢献できる才能あふれる卒業生を継続的に輩出しています。ベトナムのIT専門家は、さまざまなトレンドや技術に精通しており、グローバル市場で非常に価値があります。 ベトナムのIT人材が優れている主な分野には以下があります: ソフトウェア開発: ベトナムの開発者はJava、Python、C++、JavaScriptなどの複数のプログラミング言語に精通しており、エンタープライズアプリケーションからモバイルアプリまで、堅牢なソフトウェアソリューションを構築する経験があります。 人工知能と機械学習: ベトナムはAIとMLのイノベーションハブになりつつあります。多くのIT専門家が、インテリジェントシステム、データ分析、予測モデリングの開発に特化しており、これらの分野で最先端の進歩に貢献しています。 サイバーセキュリティ: データ保護の重要性が高まる中で、ベトナムの専門家はサイバーセキュリティ対策に精通しており、企業のIT環境を安全かつ確実に保護します。 ブロックチェーン技術: ベトナムの開発者はブロックチェーン技術でも大きな進展を遂げており、金融、サプライチェーン、医療などのさまざまな業界において安全で効率的なシステムを構築しています。 クラウドコンピューティング: AWS、Google Cloud、Microsoft Azureなどのクラウドプラットフォームに精通しているベトナムのIT専門家は、現代の企業のニーズに対応するスケーラブルで柔軟なクラウドソリューションを提供できます。 このように優れたIT人材の豊富さが、ベトナムをオフショア開発の魅力的な目的地にしています。ベトナム企業と提携することで、グローバルなITトレンドや急速に進化する技術に遅れることなく、競争力と革新性を維持することができます。 TECHVIFY の豊富な人材 2.4: 時差が小さいのでコミュニケーションがとりやすい ベトナムと日本の時差はわずか2時間であり、リアルタイムでのコミュニケーションが非常に容易です。この小さな時差により、勤務時間が重なることが多く、迅速な対応や問題解決が可能になります。その結果、コラボレーションが効率化され、プロジェクトが遅延することなくスムーズに進行します。このコミュニケーションの容易さは、シームレスなワークフローを維持し、問題が迅速に解決されることに不可欠です。地理的な近さも、時折の対面会議や現地訪問を容易にし、ベトナム企業と日本企業のパートナーシップをさらに強化します。 3, ベトナムオフショア会社5選 こちらは、ソフトウェア開発で有望な結果を提供するベトナムオフショア会社のトップ5選です。このリストは、小規模、中規模、大規模な日本企業と協働した経験を持つアウトソーシング会社をカバーしています。それぞれのオフショア会社はスキルと技術の焦点が異なり、お客様に最適なサービスを提供します。 それでは、見てみましょう! 3.1: TECHVIFY Software カスタム・ソフトウェア開発、モバイル・アプリ開発、クラウド・ソリューションを専門とするTECHVIFYは、国際市場と日本市場のクライアントの特定の要望に応じたサービスの提供に専念しています。今後、TECHVIFYはAI技術への注力を強化し、業界のイノベーションの最前線に立つことを目指しています。 設立年: 2018 本社所在地: ハノイ、ダナン、ホーチミン市 専門分野: ITコンサルティング、カスタムソフトウェア開発、モバイルアプリ開発、クラウド・ソリューション 主な重点分野: AI、機械学習、IoT、アジャイル手法 顧客範囲: 各クライアントの特定の要望に合わせたパーソナライズドサービスを提供し、国際市場と日本市場に対応 3.2: FPT Software ベトナム最大級のIT会社として、FPT Softwareはソフトウェア開発からDX、ITコンサルティングまで、包括的なITサービスを提供しています。日系企業との長い取引実績があり、豊富な経験を活かして強力なパートナーシップを築き、一流のソリューションを提供しています。 設立年: 1999 本社所在地: ハノイ 専門分野: DX、スマートファクトリーソリューション、サイバーセキュリティを含む包括的なITサービス 主な重点分野: 大規模なソフトウェア開発、DX、クラウド・コンピューティング、AI 顧客範囲: Microsoft、IBM、AWSなどの主要なテクノロジー企業と協力するグローバルな顧客基盤 3.3: VNEXT DXの専門家として知られるVNEXTは、革新的なソリューションと顧客満足度を重視した高品質のソフトウェア開発サービスを提供しています。日本のお客様との豊富な協業経験があり、文化的な互換性と効果的なコミュニケーションをお約束します。 設立年: 2008 本社所在地: ハノイ 専門分野: Webおよびモバイルアプリ開発、ITコンサルティング 主な重点分野: カスタム・ソフトウェア開発、ITコンサルティング... さらに見る
offshore companies in vietnam1

ベトナムオフショア開発のトップ5社をご紹介

今日のグローバル経済において、オフショア開発はコストを最適化し、専門的な技術力を活用するための戦略的な選択肢となっています。中でも、ベトナムはコストパフォーマンスの高さ、技術力のある人材、そして日本市場との文化的親和性を兼ね備えた重要なオフショア開発の目的地として浮上しています。本記事では、ベトナムオフショア開発の実情、その選ぶべき理由、およびベトナムでトップ5のおすすめオフショア開発会社について詳しく探ります。 1, ベトナムオフショア開発の実情 ベトナムオフショア開発の状況を理解する前に、オフショア開発とは何か、そして資源が不足している企業をどのように支援しているかを説明しましょう。 1.1: オフショア開発とは? オフショア開発とは、ソフトウェアやシステム開発業務を海外の企業や現地の子会社にアウトソーシングする方法です。この用語は「海岸の外」を意味する英語の「Offshore」に由来しており、ビジネス用語では「海外」や「外国」を指すものとして理解されます。 この方法は、通常、労働コストが低く技術力が高い他国に業務をアウトソーシングすることで、自国の高コストや人材不足を補うために用いられます。そのため、オフショア開発はコスト効率と専門的な開発チームの両方のメリットを享受することができます。 1.2: ベトナムオフショア開発の実情 現在のベトナムは、日本からの発注企業に様々な利益を提供することができます。その一つは、労働コストの削減でありながら、高い技術スキルを維持することです。言い換えれば、ベトナムはソフトウェアエンジニアの質と量の両方にますます投資しています。 開発力 2024年現在、ベトナムはIT教育を国家政策として重視しており、多くの若いエンジニアが市場に参入しています。 開発言語に関しては、ベトナムはGolangやLaravelなどのモダンな言語を多く抱えています。そのため、最新の機能やアプリケーションのリソースが豊富にあります。 さらに、過去数年間で、AI、IoTシステム、クラウドコンピューティングなどの先端技術を持つ開発者の数が世界的に増加しています。このトレンドに従い、ベトナムオフショア開発会社はこれらの新興技術を学ぶためにエンジニアを育成し、グローバルクライアントの新たなニーズに応えています。 言語力 ベトナムの第二公用語は英語であり、エンジニアの大多数が英語の会話能力を持つことが求められます。日本語についても、この数年間で話せるエンジニアの数が増加しています。多くの技術会社は、ベトナムと日本で従業員向けに日本語学校を開設し、日本のクライアントとのスムーズなコミュニケーションを確保しています。 また、一部の企業は、日本のクライアントとベトナムチームをつなぐ橋渡し役を雇用しています。この人物は日本語とベトナム語の両方に堪能で、一定の技術スキルも持ち、2つの側の間で働くことができます。この役職はブリッジSE、またはITコミュニケーターと呼ばれ、ベトナムでますます普及しています。 人月単価が上昇している 2023年以降、ベトナムのエンジニアの月額賃金は上昇傾向にあります。これらの数値は年次ベースで計算されています。それにもかかわらず、ベトナムのシステム開発エンジニアの労働コストは他の東南アジア諸国と比較して依然として低い水準にあります。 出典:【2023年最新版】ベトナムオフショア開発の人月単価相場 ※()内は前年比 2, ベトナムをオフショア開発の選ぶべき理由 2.1: 勉強熱心で日本が得意な国民性 ベトナム人は勤勉な性格と仕事に対する献身で知られています。この献身は、日本文化や日本語に対する強い関心と習熟にも及んでおり、日本企業との仕事に特に適しています。さらに、多くのベトナム市民が日本文化を普及させており、両国間でのコミュニケーションやアイデアの交換がより容易になっています。 この文化的な親和性により、よりスムーズなコミュニケーションとより良い理解が可能となり、より効果的な協力関係が築かれます。 2.2: 東南アジアの中でも料金が安い ベトナムは、東南アジア諸国の中でも最もリーズナブルな価格を提供しており、それにより雇用企業のコストを削減しながらも、他国と比較して高いレベルの専門知識を確保できます。企業は運営コストを大幅に削減しながらも、トップクラスの技術ソリューションを受け取ることができます。この財政的なメリットは、質を犠牲にすることなく予算を最適化したいと考える企業にとって決定的な要因となります。 オフショア開発の調査によると、ベトナムの一人当たりの月額賃金は上昇傾向にありますが、依然として他の職業全体で労働コストが低い国の中にあります。この数値は一般的なスケールで計算されているため、実際のケースではより大きなばらつきがあることに注意が必要です。 詳しくはこちら: ラボ型開発とは?メリットとデメリット、ラボ型開発に適した条件 2.3: IT人材が豊富 ベトナムには、高い技術力と革新的な思考を持つIT専門家が豊富に存在します。同国は教育と技術に多大な投資を行い、テクノロジー業界に貢献できる才能あふれる卒業生を継続的に輩出しています。ベトナムのIT専門家は、さまざまなトレンドや技術に精通しており、グローバル市場で非常に価値があります。 ベトナムのIT人材が優れている主な分野には以下があります: ソフトウェア開発: ベトナムの開発者はJava、Python、C++、JavaScriptなどの複数のプログラミング言語に精通しており、エンタープライズアプリケーションからモバイルアプリまで、堅牢なソフトウェアソリューションを構築する経験があります。 人工知能と機械学習: ベトナムはAIとMLのイノベーションハブになりつつあります。多くのIT専門家が、インテリジェントシステム、データ分析、予測モデリングの開発に特化しており、これらの分野で最先端の進歩に貢献しています。 サイバーセキュリティ: データ保護の重要性が高まる中で、ベトナムの専門家はサイバーセキュリティ対策に精通しており、企業のIT環境を安全かつ確実に保護します。 ブロックチェーン技術: ベトナムの開発者はブロックチェーン技術でも大きな進展を遂げており、金融、サプライチェーン、医療などのさまざまな業界において安全で効率的なシステムを構築しています。 クラウドコンピューティング: AWS、Google Cloud、Microsoft Azureなどのクラウドプラットフォームに精通しているベトナムのIT専門家は、現代の企業のニーズに対応するスケーラブルで柔軟なクラウドソリューションを提供できます。 このように優れたIT人材の豊富さが、ベトナムをオフショア開発の魅力的な目的地にしています。ベトナム企業と提携することで、グローバルなITトレンドや急速に進化する技術に遅れることなく、競争力と革新性を維持することができます。 TECHVIFY の豊富な人材 2.4: 時差が小さいのでコミュニケーションがとりやすい ベトナムと日本の時差はわずか2時間であり、リアルタイムでのコミュニケーションが非常に容易です。この小さな時差により、勤務時間が重なることが多く、迅速な対応や問題解決が可能になります。その結果、コラボレーションが効率化され、プロジェクトが遅延することなくスムーズに進行します。このコミュニケーションの容易さは、シームレスなワークフローを維持し、問題が迅速に解決されることに不可欠です。地理的な近さも、時折の対面会議や現地訪問を容易にし、ベトナム企業と日本企業のパートナーシップをさらに強化します。 3, ベトナムオフショア会社5選 こちらは、ソフトウェア開発で有望な結果を提供するベトナムオフショア会社のトップ5選です。このリストは、小規模、中規模、大規模な日本企業と協働した経験を持つアウトソーシング会社をカバーしています。それぞれのオフショア会社はスキルと技術の焦点が異なり、お客様に最適なサービスを提供します。 それでは、見てみましょう! 3.1: TECHVIFY Software カスタム・ソフトウェア開発、モバイル・アプリ開発、クラウド・ソリューションを専門とするTECHVIFYは、国際市場と日本市場のクライアントの特定の要望に応じたサービスの提供に専念しています。今後、TECHVIFYはAI技術への注力を強化し、業界のイノベーションの最前線に立つことを目指しています。 設立年: 2018 本社所在地: ハノイ、ダナン、ホーチミン市 専門分野: ITコンサルティング、カスタムソフトウェア開発、モバイルアプリ開発、クラウド・ソリューション 主な重点分野: AI、機械学習、IoT、アジャイル手法 顧客範囲: 各クライアントの特定の要望に合わせたパーソナライズドサービスを提供し、国際市場と日本市場に対応 3.2: FPT Software ベトナム最大級のIT会社として、FPT Softwareはソフトウェア開発からDX、ITコンサルティングまで、包括的なITサービスを提供しています。日系企業との長い取引実績があり、豊富な経験を活かして強力なパートナーシップを築き、一流のソリューションを提供しています。 設立年: 1999 本社所在地: ハノイ 専門分野: DX、スマートファクトリーソリューション、サイバーセキュリティを含む包括的なITサービス 主な重点分野: 大規模なソフトウェア開発、DX、クラウド・コンピューティング、AI 顧客範囲: Microsoft、IBM、AWSなどの主要なテクノロジー企業と協力するグローバルな顧客基盤 3.3: VNEXT DXの専門家として知られるVNEXTは、革新的なソリューションと顧客満足度を重視した高品質のソフトウェア開発サービスを提供しています。日本のお客様との豊富な協業経験があり、文化的な互換性と効果的なコミュニケーションをお約束します。 設立年: 2008 本社所在地: ハノイ 専門分野: Webおよびモバイルアプリ開発、ITコンサルティング 主な重点分野: カスタム・ソフトウェア開発、ITコンサルティング... 19 July, 2024
lab based development team

ラボ型開発とは?メリットとデメリット、ラボ型開発に適した条件

現代の急速に進化するテック業界では、企業は常にソフトウェア開発プロセスを強化するための革新的な方法を模索しています。その中で注目を集めているのがラボ型開発(Lab-based Development)です。この方法では、専任の開発チームがクライアントのプロジェクトに専念し、専門知識を活用しながら密接なコラボレーションを促進します。結果として、柔軟で費用対効果の高い複雑なソフトウェアシステムの開発が可能となります。 1. ラボ型開発とは? ラボ型開発は、専任の開発チームがクライアントのプロジェクトに専念するソフトウェア開発アプローチです。この方法は、専門知識を活用し、開発チームとクライアント間の密接なコラボレーションを促進することで、複雑なソフトウェアシステムを柔軟かつ費用対効果の高い方法で開発することを目的としています。 このため、ラボ型開発は企業内の人材不足を補うために、外部の優れたエンジニア・チームを確保するために特に利用されます。特に日本では、オンライン・コミュニケーション・ツールの普及に伴い、その利便性や旅費削減の観点からラボ型開発が注目されています。 1.1. 種類 ラボ型開発は大きく2つのタイプに分類され、しばしばオフショア開発センター(ODC)と呼ばれます。多くの人はODCが外国でのみ行われると考えがちですが、「国内ラボ型開発」という用語も存在します。 それぞれのタイプを見て、その特徴を比較してみましょう。 ニアショアラボ型開発:開発チームが同じ国にいます。この場合、時差や言語、文化の障壁がないため、コミュニケーションがスムーズに行われます。しかし、これらの利便性からコストが高くなる可能性があります。 オフショアラボ型開発:開発チームが外国にいます。この場合、時差や言語、文化の障壁が考慮されるべきですが、コストが大幅に削減されるため、資源の限られた企業には有利です。 1.2. ラボ型開発チームの構成 ラボ型開発チームを採用する企業の場合、エンジニアチームは外部で構成され、以下のような役割が含まれます。 プロジェクト・マネージャー:プロジェクトが期限内に予算内で完了するように監督します。 開発者:ソフトウェアのコーディング、デバッグ、および実装を行います。 品質保証(QA)エンジニア:ソフトウェアが品質基準を満たしていることを確認します。 デザイナー:クライアントの仕様に基づいてユーザーインターフェースとエクスペリエンスを作成します。 ブリッジSE:クライアントの要件と技術チームの間のギャップを埋めます。 2. ラボ型開発のメリット ラボ型開発には、費用対効果やプロジェクトの柔軟性など、さまざまな利点があります。というのも、この契約形態により、企業は人件費の安価な国から外部チームを雇用する一方で、彼らの専門知識を社内チームとして活用することができるからです。ここでは、ラボ型開発のメリットの4つの主なメリットを紹介します。 2.1. コスト削減 ラボ型開発は、リソース配分を最適化し、規模の経済を活用することで、コストを大幅に削減できます。プロジェクトベースの契約の場合、各調整に対してコストが増加しますが、ラボ型契約ではプロジェクト期間内であれば追加料金は発生しません。つまり、プロジェクトが長期間であるほどコスト削減効果が高まります。 特に、オフショアチームはベトナム、インドネシア、インド、タイなどの国々で行われることが多く、日本と比較して労働コストが非常に安価です。 2.2. 優れた人材の確保 TECHVIFY の優れた人材 クライアントは、プロジェクトの期間中、トップレベルの人材を専属で確保できます。これにより、開発チームは高度なスキルを持ち、高品質な成果を提供することに専念できます。 この専念したアプローチにより、効率性が向上し、最終的な製品の品質が向上します。さらに、クライアントはラボ型開発を通じて技術的なフィードバックや改善点を迅速に反映できるため、より競争力のある製品を市場に投入することが可能となります。 2.3. 柔軟な仕様変更への対応 ラボ型開発は、プロジェクトの仕様変更や修正に柔軟に対応できます。専任チームが迅速に新しい要件に適応し、プロジェクトが予定通り進行することを確保します。 さらに、ラボ型開発の柔軟性は、急速に変化する市場環境や技術的な進歩に対しても迅速に対応できるため、競争力を維持する上で大きなメリットとなります。 2.4. システム開発ノウハウの蓄積 ラボチームがプロジェクトに取り組む過程で、クライアントのニーズに特化した貴重なノウハウと専門知識を蓄積します。この知識は将来のプロジェクトに活用され、効率的なコミュニケーションと効果的な開発プロセスを実現します。 3. ラボ型開発のデメリット この契約の利点にもかかわらず、ラボ開発には、システム管理やチーム間のコミュニケーションに関する欠点もあります。これらの課題は、誤解を最小限に抑えるために、プロセスの早い段階で取り組む必要があります。以下に、最も典型的な課題をいくつか挙げます: 3.1. 固定発注量がない場合の高い労働コスト ラボ型開発は、エンジニアの数×期間という契約形態のため、プロジェクトの流れが一定であることが最も効果的です。したがって、固定発注量がない場合、プロジェクトが少ない時期には労働コストが高くなる可能性があります。 プロジェクトの範囲と要件を明確に理解してコストを効果的に管理することが重要です。 3.2. チームビルディングに要する時間 統一感のあるラボチームを構築するには時間がかかります。ラボ型開発では、契約期間中に企業に専念するエンジニアチームの形成が非常に重要です。チームビルディングプロセスには、適切なメンバーの選定、コラボレーションの促進、プロジェクト目標への整合が含まれます。 この初期段階では、コミュニケーションのミスや誤解が原因でプロジェクトの開始が遅れることがあります。したがって、最も収益性の高いチームを作るためには、プロジェクトの目標と目的を明確に計画することが最善であります。 3.3. クライアント管理の責任 ラボ型開発では、クライアントにチーム管理の責任が大きくのしかかります。これは、明確な指示を提供し、期待を設定し、スムーズなコミュニケーションを確保することを含みます。 適切な管理がなければ、プロジェクトは整合性を欠き、遅延する可能性があります。 ここまで、ラボ型開発のメリットとデメリットについて学んできました。 これを踏まえて、このラボ開発契約を選択すべきかどうかを判断する際に、注目すべき点がいくつかあります。次のセクションで、皆さんのプロジェクトが以下の条件を満たしているかどうかをぜひ確認してください。 4. ラボ型開発に適した条件 上記のメリットとデメリットを考慮すると、ラボ型開発は特に以下のようなプロジェクトに適しています。 長期プロジェクト:継続的な開発と保守が必要な場合。専任のリソースが必要であるため、タイムラインの厳守が求められます。 仕様変更が予想されるプロジェク:柔軟性と適応性が重要であり、アジャイル手法が使用される場合。この方法は、設計、リリース、テストの反復パターンを短期間で行うことで、要件変更を迅速に処理できます。 結論 ラボ型開発は、費用対効果の高い高品質なソフトウェア開発の枠組みを提供します。課題はあるものの、特に専門的な長期コミットメントと柔軟性を必要とするプロジェクトにおいて、そのメリットはデメリットを上回ることが多いです。 無料相談をお問い合わせいただき、私たちがどのようにあなたのプロジェクトを向上させるかをご確認ください。 お問い合わせ 16 July, 2024

【エンジニアフレンドリーシティ福岡】賛同企業の登録をお知らせ

2024年3月初旬に、 弊社TECHVIFY JAPAN が誇らしくも【エンジニアフレンドリーシティ福岡】の同企業に選ばれましたことをお知らせいたします。 このコラボレーションは、福岡市が主導するイニシアティブであり、エンジニアが力を発揮し、協力し、革新する環境を育成することを目的としています。  「弊社TECHVIFY JAPAN (テクビファイジャパン)が、【エンジニアフレンドリーシティ福岡】の賛同企業に仲間入りしました!」   現代のテクノロジーの急速な進化する環境では、エンジニアがIoTやAIなどの最新技術を駆使して革新を牽引し、未来を形作る重要な役割を果たしています。しかし、エンジニアが優れた環境で成長し、専門知識を高めることは容易ではありませんでした。この課題に対し、福岡市は勇気ある一歩を踏み出し、エンジニアのためのイニシアティブである【エンジニアフレンドリーシティ福岡】を立ち上げました。  福岡市長の高島宗一郎の強調するように、福岡市は起業家を支援し、イノベーションを育成し、先進の技術であるAIやIoTなどによって特にITセクターでイノベーションが促進されています。 そのため、エンジニアの役割は新製品やサービスとしてこれらの技術を提供する上でさらに重要になっています。福岡市は、エンジニアがその可能性を十分に発揮できる環境を行なっています。  TECHVIFY JAPANでは、【エンジニアフレンドリーシティ福岡】のビジョンを全面的に支援しています。支援的なエコシステムを育成し、さまざまな分野のエンジニアや専門家との協力を促進することで、福岡をイノベーションと技術の拠点として本当の可能性を引き出せると信じています。    福岡市を世界中のエンジニアリング人材にとって理想の都市へと変えるためのこの新たなコラボレーションを心待ちにしております。  ソース:https://efc.fukuoka.jp/ 08 March, 2024

Japan IT WeekでTECHVIFYの目覚ましい初出展!

この度、10月25日〜27日迄の3日間、千葉県の幕張メッセで「第14回Japan IT Week 秋2023」が開催されました。このイベントにはAI、IoT、クラウド、セキュリティ、ビッグデータ、ブロックチェーンなど、様々な業界や分野から1,000社以上の出展者と50,000人以上の来場者が集まりました。TECHVIFYにとっては、潜在的な顧客・パートナー等とのネットワークを構築し、IT分野の最新トレンドやイノベーションを勉強できる絶好な機会となりました。 TECHVIFYチームは、第14回Japan IT Week秋という日本最大のIT展示会の一つで豊富な経験を積み上げてきました。早速イベントのハイライトを紹介いたします。 ✨ 660技術ブースの中で、TECHVIFYブースは約700人の来場者で、400枚以上の名刺を交換させいただき、新規取引先開拓がでてきました。 ✨TECHVIFYチームは、ブースへの来場者に対して、ギフトやパンフレットを通じて熱心に意欲を示し、好印象を与えました。 ✨ TECHVIFY社内で開発された「AI生成系Enigma」は、ドキュメントからの情報検索を効率化する最先端のAIツールとして、Japan IT Weekで初めて公開され、多くの好評を博しました。今後、このツールはあらゆる規模の企業にとって不可欠なアシスタントとなりますように願っております。 特に、今回のAI・業務自動化展では、当社のAI新製品「AI生成系Enigma」を初めて公開しました。 「AI生成系Enigma」」はドキュメントからの情報検索を効率化する最先端のAIツールです。このソリューションは、強力なLLMモデル(大規模言語モデル)であるGPT-4(OpenAIのChatGPTの基盤)やLLAMA-2(Metaが提供するオープンソースモデル)を統合しております。これにより、様々なユーザーロールがドキュメントからの情報を簡単に質問でき、多様な言語で正確な回答を受け取ることが可能で、特に日本語の方はスムーズに対応できます。 「AI生成系Enigma」はコンテナ化技術を使用し、どこでもデプロイでき、データのプライバシー、セキュリティ、コストを完全に管理しながら、同じインフラ上で複数のボットを提供できます。「AI生成系Enigma」の活用により、ユーザーは仕事に必要な情報を迅速に押さえ、時間と労力を節約できます。 また、「AI生成系Enigma」の使用例をご紹介します。 – 社員が社内資より情報を簡単に、効率的に検索でき、社内デフォ検索エンジン – 業界内の特徴的なデータ、市場の動向及びお客様の行動を分析し、価値ある インサイトを取得し、情報に基づいたビジネス上の意思決定をサポートするツール – 社内のトレーニングモジュールや教育リソースを作成し、また顧客向けのアンケートも作成できるツール – 財務諸表やその他の資料からデータを抽出し、計算や分析を行い、パターンや異常を見極めるツール – 社内の技術文書に基づき、ECサイト向けの商品紹介や概要文章を作成するツール – 顧客との対話や情報交換に自然な言語で対応するアシスタント TECHVIFYブースにて「AI生成系Enigma」をご体験いただいた来場者から、多くの良い評価を受けました。それに、「AI生成系Enigma」から生成された結果の品質性、多様性、創造性に感銘を受けたとの声が上がってきました。その中には、「AI生成系Enigma」をすぐに導入するのが待ち遠しい方もいらっしゃいました。 以上をもって、TECHVIFYブースにご来場の皆様、弊社の製品やサービスにご興味をお持ちいただいた皆様、心より感謝申し上げます。 TECHVIFYの 「AI生成系Enigma」という新AIツールは程なく一般で公開予定です。皆様の業務にとって、 どのような変革をもたらすのか、どうぞ楽しみにしてくださいますよう。 今後、「AI生成系Enigma」についてのご質問等がございましたら、 Contact@techvify.com.vn までお気軽にお問い合わせください。 01 November, 2023
office-relocation

福岡オフィス移転のお知らせ

TECHVIFY JAPAN株式会社は、事業拡大にともなう従業員増加への対応と、オフィス機能の集約による業務効率を図るため、2023年11月を目処に新オフィスへ移転することとなりましたので、お知らせいたします。 【新オフィス概要】 移転先所在地: 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-9-3博多駅前シティビル10階 アクセス: 福岡市空港線「祇園」駅 ・・・徒歩4分 JR鹿児島本線「博多」駅 ・・・徒歩7分 福岡市地下七隈線「櫛田神社前」 駅・・・ 徒歩9分 福岡市箱崎線「呉服町」駅 ・・・徒歩12分 【主な移転の目的】 事業拡大に伴う従業員増加への対応 オフィス機能の集約による業務効率化 セキュリティの強化 【業務開始日】2023年11月1日(予定) 30 October, 2023
techvify-it-japan-week

TECHVIFY JAPAN_「第14回 JAPAN IT WEEK 秋 AI・業務自動化展 」に出展

Japan IT Week 秋とは 本展は、クラウド業務改革 EXPO、情報セキュリティ EXPO、デジタル マーケティング EXPO、データセンター&ストレージ EXPO、営業DX EXPO、次世代EC&店舗 EXPO、IoTソリューション展、AI・業務自動化 展、ソフトウェア&アプリ開発 展、組込み/エッジ コンピューティング展、メタバース活用EXPOの11の専門展から構成される下半期最大の ITの展示会です。 今回のJapan IT Week 秋は設計・開発部門、ネットワーク運用部門から情報システム部門など、様々な部門から 920の出展者と60,000人の来場者がが予測されている展示会です。 Japan IT Week 秋への出展 TECHVIFY JAPAN株式会社(テックビィファイジャパン)は、2023年10月25日~27日の間に幕張メッセで開催される 「第14回 JAPAN IT WEEK 秋 AI・業務自動化展 」に出展いたします。 当展示会で、弊社のサービス、特にドキュメント内の情報を検索するプロセスを効率化する AI ツールである新製品を紹介させる絶好の機会となります。 <事業内容> ソフトウェア開発 AI &MLOps MagentoによるWebサイト開発 クラウドサービス IoT データエンジンニアリング <出展製品> 弊社のAI新製品は最も強力なLLM(Large Language Model)モデルに基づくツールです。日本語のように文法が複雑な言語であっても理解し、様々なタイプのコンテンツ、特に記事、レポート、契約書などの「非構造化データ」を分析し、最適化することができます。個人GPTのように、このボットはクラウドネイティブで、どこにでも配置することができ、企業はデータのプライバシー、セキュリティ、コストを完全に管理しながら、同じインフラ上で複数のボットにサービスを提供することができます。 このAI新製品の詳細をご興味のある方は、ぜひ弊社ブースにお越しくださいませ。 開催概要 会期:2023年10月25(水)~27日(金) 時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00終了) 会場:幕張メッセ 〒261-8550 千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1 展示ホール: AI・業務自動化展 ホール 小間番号: 53−48 >>入場パスを取得する(無料) https://www.japan-it.jp/autumn/ja-jp/register.html?code=0843742425111203-U2Y 是非皆様のご来場をお待ちしております。 20 October, 2023
Techvify-software-company

ベトナムへのソフトウェア・オフショア開発ー完全ガイド

近年、「オフショア開発」という言葉をよく耳にするようになりました。かつて中国、インド、東ヨーロッパに委託されていうようなオフショア開発は、現在、東南アジアの国々に委託されることが多くなっています。なかでもここ数年、委託件数が急上昇しているのがベトナムです。多くの大手企業はベトナムにオフショア開発を委託する理由を見ていきましょう。  企業がオフショア開発を委託するべきですか?  初めてオフショア開発を活用する企業には色々な懸念を抱くはずです。例、海外パートナーが技術の品質、委託先とのコラボレーションを保証できないこと、コミュニケーションの壁、遠隔地、商習慣の違い等です。それから、多くの企業はオフショア開発に心配しています。  しかし、コスト削減で納品期限を守る高品質な製品を届けるというオフショア開発の魅力のおかげで、近年、大手企業においてオフショア開発委託が人気となっています。  ベトナムのオフショア開発メリット?  近年、ベトナムでのオフショア開発は「コスト削減」を目的として日本企業から人気を高めています。さらに、ベトナムでのオフショア開発は、コストメリット以上のメリットを生み出し始めているのです。今となっては、世界各国がオフショア開発先としてベトナムに注目するほどに至ってます。ここで、ベトナムにオフショア開発を委託するメリットを簡単に理解しておきましょう。  コスト削減  イノテック社によると、ベトナムのITアウトソーシングやビジネスプロセスにかかる人件費は、インドに比べて約50%も低いそうだ。オフショアのソフトウェア開発者を雇う場合の料金は、1時間あたり10ドルから25ドル。インドや中国などの他のアジア諸国では、同じ範囲の仕事でも1時間あたり18ドルから50ドルの支払いが求められる。  また、オペレーションコストもインドの3分の1程度で済むと言われている。  以上のことから、ベトナムの労働力の発展に、国際的なパートナーは大きな期待を寄せることができるだろう。  成長する人材  ベトナムには若年層の人口増加率が人気と知られています。人口の65%-70%が40歳以下、人口の31%が20歳~39歳であるのです。経済は成長し若年層の人口が増加する中で、ベトナムには10万人以上のIT開発者と7万5千人以上のコンテンツスペシャリストがいます。  また、年4万人以上のIT専攻の卒業生がて、日本国内ではIT人材の不足が嘆かれる一方、ベトナムでは年々IT人材が増加しているのです。学生はコンピューターサイエンスに強い関心を持ち、西洋諸国の人々より早い年齢からコンピューターの世界に入っています。国際社会で必要とされる有能な人材が揃っているのです。  社会・政情が安定、経済成長  経済成長には安定感がある  2022年第1四半期のGDP成長率は+5.03%だって一年中の成長率を+6.5%と予想します。最近は特に、東南アジアに進出を検討している外資系企業の中でも、ベトナムの安定した力強い成長の象徴として、コロナ過での経済成長が注目されている。2020年はGDP成長率がマイナスとなる東南アジア諸国が多い中で、ベトナムは2.9のプラス成長を維持している。  政情が安定している  政情は安定しており、テロをはじめとする危険性は少ないと言えます。加えて、ベトナム人は日本への印象がとても良いように感じられます。ベトナムは特に親日である国です。  ベトナムは社会主義国ですが、1986年の「ドイモイ政策」以降、経済では資本主義の思考を取り入れています。外資の力を生かそうと市場も積極的に開かれています。また、共産党の一党支配体制のもと政情・治安が安定しており、クーデターなどのリスクが低いことも進出する上での好材料です。  ベトナムは東南アジアで最も有望な市場  自由市場で外資をもたらすための政策的にもIT分野が優遇されるベトナム市場に投資件数が増加している。ベトナムへ進出する傾向により、開発者たちが技術力を高め、国際的な案件の経験を積む機会を得ることができます。  ベトナム進出のトップ企業:  IBM  Intel  Sony  Canon  Apple  コミュニケーション  日本学生支援機構(JASSO)が発表した平成30年度(2018年度)外国人留学生在籍状況調査結果によると、2018年5月1日時点での日本におけるベトナム人留学生数は7万2354人で、前年度と比べ、17%増加し、世界中で日本語学者の増加率が一番高いです。日本語ができる若者は増え続けており、両国間の窓口となります。そういった日本語が得意なベトナム人はオフショア開発の事業でブリッジエンジニアで、重要な役割を果たしています。したがって、日本語ができるデベロッパー、エンジニアも年々増加し、日本・ベトナムのコミュニケーションの壁をだんだん超えていました。現在、中国の他、ベトナムが日本語ができるトップ国と評価されています。.  ベトナムでオフショア開発の委託先を探す方  ベトナムにオフショア開発を委託するガイドライン  最後にオフショア開発を委託する際に気をつける段階を説明しておきましょう。  1.案件の範囲・目的を明確に  コミュニケーションが取れないと案件の内容が正確に伝わらないことで、失敗を招いてしまいます。委託元と委託先では母国語が異なるため、言葉の壁・遠隔地・商習慣の違い等により、意思疎通できない問題が複雑になります。  そのため、案件の内容をできるだけ細かく記載し、仕様書を読むだけでミスなく開発できる状態を作りましょう。仕様書を作成するときのポイントは期限、特性、タスク内容、タイムライン、業務範囲、使用技術等々です。  2.委託先を一覧表にまとめて委託したいベンダーを選定  自社のニーズに合わせる委託先を探すため、下記の探す方を参照しましょう。  Googleなどの検索エンジン  Googleは世界最強の検索エンジンです。「ベトナムへでオフショア開発」、「ベトナムへでのオフショア開発会社」等の関連するキーワードを使ってベンダーを探すのに役に立ちます。  Referrals  Referrals(リファラル)は「紹介」「推薦」という意味を持っており、ちなみにリファラル採用とは、知人に人材を紹介してもらう採用手法です。Referralsはあまり人気ではないですが一番安全なツールです。人脈から適切な探す方法を導入すると適切な開発先を検索できます。  Industrial directories  気になった開発会社に対する評価またランキングを紹介するサイトで探す方法もあります。G2.com, sortlist.com, and Clutch.coなどのサイトはお勧めです. 次は、一覧表から10社以下を絞りましょう。  3.適当なベンダーを選択  リストからベンダーごとに連絡する段階です。非常に多くのベンダーがいるため、自社に合うベンダーを見つけることが重要です。ベンダーを選ぶ際には、ベンダーの経験歴・得意なジャンル・リソースの提供力・ケーススタディなどを判断材料にします。  4.ベンダーとお互いに有益な契約を  条件がまとまったら、ベンダーへの依頼内容を契約書や発注書にまとめます。その際、下請法には十分注意します。下請法とは、発注時の契約書締結や、支払いの期限などについて定めた法律です。下請法では、ベンダーに不当なやり直しを行わせることや、途中で代金を減額することが禁止されています。下請法に違反すると、ベンダーとのトラブルになるだけではなく、会社に税務調査などが入った際に罰則が発生してしまう可能性があります。  5.コミュニケーションの取り方を工夫  つまり、あらかじめコミュニケーションの取り方を工夫していれば失敗を回避することができるのです。  円滑にコミュニケーションを取るには、下記の3つを明確にしておきましょう。  案件管理のツール:Jira, Trello, ClickUp等はお勧めです。  コミュニケーションの手段:ミュニケーションの手段を検討しておかないと、いざという時に連絡が取れず失敗につながります。メールや電話、zoomなどのコミュニケーションツールなど委託元と委託先のどちらでも問題なく使用できる方法を提案してみましょう。  コミュニケーションの頻度:ベンダーと毎日進捗状況をメールで報告するか、週に一度オンライン会議を実施するかをキックオフ時にお互い決まりましょう。  ベトナムでオフショア開発を委託するするのに、なぜ TECHVIFY が選ばれるのか?  TECHVIFYでは、お客様のビジネス変革のための一流の技術パートナーとして、ソフトウェア開発の時間とコストを削減し、お客様がリソースを強化し、プロジェクトを完了させることに特化できるよう支援することを目的としています。  TECHVIFY Software を提供し、お客様の開発人員の迅速な拡大・縮小、開発コストの削減、市場投入までの時間短縮を支援します。あらゆる形や規模の企業の最も複雑なニーズや要件に応えることができる全能のツールです。  TECHVIFYには、海外プロジェクトの開発経験を持つ+200人の優秀なITエキスパートとエンジニアが集まっています。急な変化にも素早く対応できます。グローバル企業とプロジェクト(大小を問わず)を実装し、常にポジティブなフィードバックや高い評価を得ています。日本をはじめ、さまざまな国の人材が働いており、多文化な労働環境を持っています。さらに、タイムゾーンに合わせたサービスを提供することで、開発者が常にお客様のご要望を徹底的にお聞きし、昼夜を問わず24時間体制でサポートします。  TECHVIFYには、優れた技術と経験を持つ専門チームが、オンサイトとオフショアの両方のサービスを、迅速かつ合理的なプロセスで提供します。お客様に必要とするソリューションを提供するだけではなく、コミュニケーションからビジネスプロセスや製品までの様々な側面でアドバイスを行います。    あなたのプロジェクトについて相談しましょう。  ビジネスの問題を解決するために、今すぐ私たちにご連絡ください。   02 June, 2022
mobile-app-development-in-healthcare

ヘルスケア業界でモバイルアプリ開発のアイデアをどのように実現するか?

コロナウイルスの流行により、私たちは自宅にいることを余儀なくされている。病院に行くことさえもできないが、その中でも相談や提案を受けることは充分に可能である。 モバイルアプリ開発のおかげで、個人の健康増進だけでなく、健康を維持するためのプロセスを充実させることができる。 16 March, 2021
software_development-blog-banner

ソフトウェア開発サービスの概要

人間社会は徐々に4.0技術革命に突入している。 高度なインテリジェンスと実用性の発明を備えたソフトウェア業界の時代である。  世界的なソフトウェア産業の勃興と、それに続く電子商取引などのテクノロジーの爆発的な動き。 23 August, 2020
Outsourcing in Vietnam

デジタル世界での競争: ベトナムのアウトソーシング

現在、市場では競争力を維持するために、あらゆる規模の企業がカスタムソフトウェアソリューションに投資して、効率と生産性を高め、新しいビジネスユニットを立ち上げ、イノベーションを高めている。 23 August, 2020