近年、「オフショア開発」という言葉をよく耳にするようになりました。かつて中国、インド、東ヨーロッパに委託されていうようなオフショア開発は、現在、東南アジアの国々に委託されることが多くなっています。なかでもここ数年、委託件数が急上昇しているのがベトナムです。多くの大手企業はベトナムにオフショア開発を委託する理由を見ていきましょう。 

企業がオフショア開発を委託するべきですか? 

初めてオフショア開発を活用する企業には色々な懸念を抱くはずです例、海外パートナーが技術の品質、委託先とのコラボレーションを保証できないこと、コミュニケーションの壁、遠隔地、商習慣の違い等です。それから、多くの企業はオフショア開発に心配しています。 

しかし、コスト削減で納品期限を守る高品質な製品を届けるというオフショア開発の魅力のおかげで、近年、大手企業においてオフショア開発委託が人気となっています。 

ベトナムのオフショア開発メリット? 

近年、ベトナムでのオフショア開発は「コスト削減」を目的として日本企業から人気を高めています。さらに、ベトナムでのオフショア開発は、コストメリット以上のメリットを生み出し始めているのです。今となっては、世界各国がオフショア開発先としてベトナムに注目するほどに至ってますここで、ベトナムにオフショア開発を委託するメリットを簡単に理解しておきましょう。 

コスト削減 

イノテック社によると、ベトナムのITアウトソーシングやビジネスプロセスにかかる人件費は、インドに比べて約50%も低いそうだ。オフショアのソフトウェア開発者を雇う場合の料金は、1時間あたり10ドルから25ドル。インドや中国などの他のアジア諸国では、同じ範囲の仕事でも1時間あたり18ドルから50ドルの支払いが求められる。 

また、オペレーションコストもインドの3分の1程度で済むと言われている。 

以上のことから、ベトナムの労働力の発展に、国際的なパートナーは大きな期待を寄せることができるだろう 

成長する人材 

ベトナムには若年層の人口増加率が人気と知られています。人口の65%-70%が40歳以下、人口の31%が20歳~39歳であるのです。経済は成長し若年層の人口が増加する中で、ベトナムには10万人以上のIT開発者と7万5千人以上のコンテンツスペシャリストがいます。 

また、年4万人以上のIT専攻の卒業生がて、日本国内ではIT人材の不足が嘆かれる一方、ベトナムでは年々IT人材が増加しているのです。学生はコンピューターサイエンスに強い関心を持ち、西洋諸国の人々より早い年齢からコンピューターの世界に入っています。国際社会で必要とされる有能な人材が揃っているのです。 

社会政情が安定、経済成長 

経済成長には安定感がある 

2022年第1四半期のGDP成長率は+5.03%だって一年中の成長率を+6.5%と予想します。最近は特に、東南アジアに進出を検討している外資系企業の中でも、ベトナムの安定した力強い成長の象徴として、コロナ過での経済成長が注目されている。2020年はGDP成長率がマイナスとなる東南アジア諸国が多い中で、ベトナムは2.9のプラス成長を維持している 

政情が安定している 

政情は安定しており、テロをはじめとする危険性は少ないと言えます加えて、ベトナム人は日本への印象がとても良いように感じられますベトナムは特に親日である国です。 

ベトナムは社会主義国ですが、1986年の「ドイモイ政策」以降、経済では資本主義の思考を取り入れています。外資の力を生かそうと市場も積極的に開かれています。また、共産党の一党支配体制のもと政情・治安が安定しており、クーデターなどのリスクが低いことも進出する上での好材料です。 

ベトナムは東南アジアで最も有望な市場 

自由市場で外資をもたらすための政策的にもIT分野が優遇されるベトナム市場に投資件数が増加している。ベトナムへ進出する傾向により、開発者たちが技術力を高め、国際的な案件の経験を積む機会を得ることができます。 

ベトナム進出のトップ企業 

  • IBM 
  • Intel 
  • Sony 
  • Canon 
  • Apple 

コミュニケーション 

日本学生支援機構(JASSO)が発表した平成30年度(2018年度)外国人留学生在籍状況調査結果によると、2018年5月1日時点での日本におけるベトナム人留学生数は7万2354人で、前年度と比べ、17%増加し、世界中で日本語学者の増加率が一番高いです。日本語ができる若者は増え続けており、両国間の窓口となります。そういった日本語が得意なベトナム人はオフショア開発の事業でブリッジエンジニアで、重要な役割を果たしています。したがって、日本語ができるデベロッパー、エンジニアも年々増加し、日本・ベトナムのコミュニケーションの壁をだんだん超えていました。現在、中国の他、ベトナムが日本語ができるトップ国と評価されています。. 

ベトナムでオフショア開発の委託先を探す方 

ベトナムにオフショア開発を委託するガイドライン 

最後にオフショア開発を委託する際に気をつける段階を説明しておきましょう 

1.案件の範囲・目的を明確に 

コミュニケーションが取れないと案件の内容が正確に伝わらないことで、失敗を招いてしまいます。委託元と委託先では母国語が異なるため、言葉の壁・遠隔地・商習慣の違い等により、意思疎通できない問題が複雑になります 

そのため、案件の内容をできるだけ細かく記載し、仕様書を読むだけでミスなく開発できる状態を作りましょう。仕様書を作成するときのポイントは期限、特性、タスク内容、タイムライン、業務範囲、使用技術等々です。 

2.委託先を一覧表にまとめて委託したいベンダーを選定 

自社のニーズに合わせる委託先を探すため、下記の探す方を参照しましょう。 

Googleなどの検索エンジン 

Google世界最強の検索エンジンです。「ベトナムへでオフショア開発」、「ベトナムへでのオフショア開発会社」等の関連するキーワードを使ってベンダーを探すのに役に立ちます。 

Referrals 

Referrals(リファラル)は「紹介」「推薦」という意味を持っており、ちなみにリファラル採用とは、知人に人材を紹介してもらう採用手法です。Referralsはあまり人気ではないですが一番安全なツールです人脈から適切な探す方法を導入すると適切な開発先を検索できます。 

Industrial directories 

気になった開発会社に対する評価またランキングを紹介するサイトで探す方法もあります。G2.com, sortlist.com, and Clutch.coなどのサイトはお勧めです. 次は、一覧表から10社以下を絞りましょう。 

3.適当なベンダーを選択 

リストからベンダーごとに連絡する段階です。非常に多くのベンダーがいるため、自社に合うベンダーを見つけることが重要です。ベンダーを選ぶ際には、ベンダーの経験歴・得意なジャンル・リソースの提供力・ケーススタディなどを判断材料にします 

4.ベンダーとお互いに有益な契約を 

条件がまとまったら、ベンダーへの依頼内容を契約書や発注書にまとめます。その際、下請法には十分注意します。下請法とは、発注時の契約書締結や、支払いの期限などについて定めた法律です。下請法では、ベンダーに不当なやり直しを行わせることや、途中で代金を減額することが禁止されています。下請法に違反すると、ベンダーとのトラブルになるだけではなく、会社に税務調査などが入った際に罰則が発生してしまう可能性があります。 

5.コミュニケーションの取り方を工夫 

つまり、あらかじめコミュニケーションの取り方を工夫していれば失敗を回避することができるのです。 

円滑にコミュニケーションを取るには、下記の3つを明確にしておきましょう。 

  • 案件管理のツール:Jira, Trello, ClickUp等はお勧めです。 
  • コミュニケーションの手段:ミュニケーションの手段を検討しておかないと、いざという時に連絡が取れず失敗につながります。メールや電話、zoomなどのコミュニケーションツールなど委託元と委託先のどちらでも問題なく使用できる方法を提案してみましょう 
  • コミュニケーションの頻度:ベンダーと毎日進捗状況をメールで報告するか、週に一度オンライン会議を実施するかをキックオフ時にお互い決まりましょう 

ベトナムでオフショア開発を委託するするのに、なぜ TECHVIFY が選ばれるのか? 

TECHVIFYでは、お客様のビジネス変革のための一流の技術パートナーとして、ソフトウェア開発の時間とコストを削減し、お客様がリソースを強化し、プロジェクトを完了させることに特化できるよう支援することを目的としています。 

TECHVIFY Softwareを提供し、お客様の開発人員の迅速な拡大・縮小、開発コストの削減、市場投入までの時間短縮を支援しますあらゆる形や規模の企業の最も複雑なニーズや要件に応えることができる全能のツールです 

TECHVIFYには、海外プロジェクトの開発経験を持つ200人の優秀なITエキスパートとエンジニアが集まっています。急な変化にも素早く対応できます。グローバル企業とプロジェクト(大小を問わず)を実装し、常にポジティブなフィードバックや高い評価を得ています。日本をはじめ、さまざまな国の人材が働いており、多文化な労働環境を持っています。さらに、タイムゾーンに合わせたサービスを提供することで、開発者が常にお客様のご要望を徹底的にお聞きし、昼夜を問わず24時間体制でサポートします。 

TECHVIFYには、優れた技術と経験を持つ専門チームが、オンサイトとオフショアの両方のサービスを、迅速かつ合理的なプロセスで提供します。お客様に必要とするソリューションを提供するだけではなく、コミュニケーションからビジネスプロセスや製品までの様々な側面でアドバイスを行います。 

 

あなたのプロジェクトについて相談しましょう。 

ビジネスの問題を解決するために、今すぐ私たちにご連絡ください。  

3/5 - (2 votes)